触覚デバイス

スマートフォンやウェアラブルをはじめとするモバイル製品に使われ、振動による触覚で機器の利用者に様々な情報を伝えます。
また、ゲーム連動や音楽連動で触覚フィードバック部品の付加価値向上を図っています。スマートフォンで再生される音楽に合わせて、触覚デバイスを振動させ、手に持ったスマートフォンを通じて触感をユーザーに与える。これで、スマートフォンで音楽を再生している場合に、あたかもコンサート会場で音楽を聴いているかのような臨場感を提供します。また、スマートフォンでゲームをプレーしている場合には、ゲーム音楽と連動させて振動させることで、ゲームへの没入感を高めることも想定しています。
これを実現するために、現段階では最適なデバイスとされている横リニアの開発を進めています。また、横リニア以外の触覚デバイスとして、縦リニア、ブラシ付モータ、ブラシレスモータを取り揃えています。

詳細ページ1
リニアタイプは往復運動であるため、応答性に優れた商品であり、様々な触覚フィードバックが実現できます。


詳細ページ2
ブラシ付タイプは標準的な着信伝達の振動デバイスとして広く普及しており、コストパフォーマンスに優れています。


詳細ページ3
ブラシレスタイプは体積あたりの振動量が大きく、超小型形状でも、他のデバイスに比較して大きな振動を生み出すことが可能です。


サーボモータ

内蔵された減速機で高トルクを出力し、制御基板により回転角度や速度を自在にコントロールできるサーボモータです。
サーボモータは、モータ、ギヤ減速機、制御基板、それらを動かすコントローラが1つになったインテリジェントモータであります。そして代表的な用途としてはコミュニケーションロボットとなります。コミュケーションロボットは制約された小型且つ軽量なサイズ、動作時の静粛性、スムーズ且つ可愛らしい動作を実現する制御性を要求される中、RCモジュールは低コストでありながら高トルク、低消費電流、長寿命、低騒音、低バックラッシュ、高角度精度を最適設計にて現実とし、二足歩行ロボットの動きを自由自在としております。また、昨今普及が広まるAIスピーカーでも駆動軸搭載の要求によりサーボモータへのニーズが加速しております。

詳細ページ


ブラシモータ

軽薄短小のブラシモータにおいて、技術優位性があります。
特にブラシモータの弱点である接点寿命は、特定モデルにて耐久時間の大幅な向上をカスタマイズ可能です。現在は、ゲーム機、PC、DSCなどの製品に多くご採用頂いております。

詳細ページ


ステッピングモータ

パルス入力に同期して動作し、正確な位置決め制御ができるため、デジタルスチールカメラ等に採用されております。また、当社ステッピングモータにギヤを組み合わせた製品も提供しています。お客様がご使用になる条件と環境に合わせて、サイズ・出力・コスト等ベストの組み合わせをお選びいただけます。

詳細ページ